法務とはどんな仕事なのか?

法務求人に関しての主だった業務概念は「企業法務」であることを説明し、昨今の状況について解説しています。

法務の仕事およびその求人について

法務とはどんな仕事なのか?

法務とは、一般的に企業の事業運営に伴いどうしても発生してくる法的な問題に対応していく業務をさします。

たとえば商標などの知的財産権の管理や、訴訟など法的トラブルが起こった場合の対処を担当したり、海外との取り引きでは、国際法や取り引き相手の国の法律の知識を生かして、必要な書類を作ったりする業務です。

そのような企業において行われる法務は、「企業法務」と呼ばれています。

多くの企業では、法務部門を設置しそこに法務担当者を配置することが行われますが、中小企業では総務部門内に法務課を作り、担当者を置いていることもあります。

しかし、企業や事業の拡大とともに業務の幅も拡大していくため法務部門を設置することになることが多いです。

また、弁護士にとっての法務とは、企業の運営活動に関わりつつ行う法律事務のことをさし、金融法務や事業再生、企業間の紛争解決など広い意味での企業法務を担う弁護士は「ビジネス弁護士」・「ビジネスロイヤー」などと呼ばれたりします。

企業取引や形態はますます多様化・国際化し、、対応すべき企業のトラブルもますます高度で込み入ったものとなっています。

今までの役割以外の分野でも法務の役割は増え続けています。

そのような企業法務 求人を制するために、様々な角度から考えていきましょう。

■ おすすめサイト ■
旬刊「商事法務」目次一覧

Copyright (C) www.tudodebom.biz. All Rights Reserved.

法務の仕事およびその求人について