企業サイドからみた採用したい企業法務担当者

企業サイドからみた採用したい企業法務担当者について説明し、求人の傾向・詳細について言及しています。

法務の仕事およびその求人について

企業サイドからみた採用したい企業法務担当者

採用サイドとして法務部として求める人物像は、「法律を最も得意とする優れたビジネスパーソン」ということばに象徴されます。

現代社会においては、課題やニーズへの挑戦をおそれず、新しい確かな価値を生み出すため、常に進化したビジネスのメカニズムを創造しつづけることが重要です。

現場の実情への即時対応のため、国内外の法律に関する知識はもとより、ビジネスパーソンとしての基礎体力を身に付けていることが非常に重要なので、職人的に法律に詳しいことよりは、バランス感覚に優れた、法律を得意とするジェネラリストが好ましいようです。

一般的に中途採用求人としての条件は、法務部での法務経験がすでに数年あり、TOEIC800以上、国際法務経験および司法試験択一合格者であればさらに望ましいというようなものが多いですが、そのような条件の法務経験者は転職しようとすることが少ないようです。

具体的な求人例はその企業の規模や業種などにより、「契約法務」「商事法務」「戦略法務」「コンプライアンス」に関わるすべてを必要とされる場合もありますし、「医学・薬学・理化学系の学部を卒業している」など分野の特定がある場合があります。

ただ、一般的に大企業では顧問弁護士を契約するため訴訟業務などの需要はあまりないようです。

企業法務経験のない中途採用希望ということであればかなり狭き門ではありますが資格や熱意、自身の得意分野とマッチングする企業へくじけずアピールしてみることが必要です。

■ おすすめサイト ■
旬刊「商事法務」目次一覧

Copyright (C) www.tudodebom.biz. All Rights Reserved.

法務の仕事およびその求人について